KM Log

「ソチもワルよのう・・・」(←きっと、今年の流行語になる!)


記事

2009/03/01 / 00:36

麻生総理同様、オバマ大統領も景気対策と同時に、今後の財政再建(つまり、増税)を宣言したっていうのに、
なに、この国民の反応の違いは。(両方とも支持率は下がったけど)
まあ、日本は全員向けに消費税増税、アメリカは富裕層のみを増税って違いはありますが。
これって、どっちが経済的に影響出るんだろう・・・
日米の差、麻生総理もオバマ大統領も、トップに関してはたいして変わらんと思うんだが。
KMです、こんにちは。
しかし、大統領が議会で演説する時、議会の人達が一斉に立って拍手するっての、
なんか日本のテレビショッピングの安っぽい演出って感じで嫌いなんだが・・・
演劇とかスポーツとか、日本でもやる時にはやるので、別に良いんだけど・・・なんか芸術でなく政治でやられると違和感が。

なりきりダンジョン2、購入。
同じ服でも属性によって様々なパターンっていうのも、面倒だな。
僕の場合、属性の強弱関係なんかより、力技で押しまくるタイプですが。
回復役にファンタジアのミントさんが付いてくるのはありがたいが、
ホントに回復役としか使えないから、それはそれで微妙。
そして、敵の落とす金がやたら少なく、金がたまらん。

-----
エコノミーモード時間拡大のお知らせ (ニコニコニュース)
ひゃっほー!!
まあ、エコノミーでもほとんどは画質が落ちるだけでちゃんと見れるんだけど、
たまに、エコノミー画質だと全く見れない動画があるんだよな・・・

「日本は大ばか野郎」、FRB元理事が経済政策を批判  (日経ネット)
>1990年代の不況を長期化させた元凶として日本の財政・金融政策を厳しく批判した。
まあ、これについては同意かな。
1991年に始まった不況が、小泉内閣になって、ようやく脱却できたから。
(脱却できた原因っても、政府による規制緩和ってのも確かにあったんでしょうが、
 日本の商品を外国がいっぱい買ってくれたことっていうのが一番のような気も・・・)
>FRB理事時代に
>「中央銀行が資産価格に注目しすぎるのは良くない」などと発言したミシュキン氏を
>米国での住宅・信用バブルの責任者のひとりとみる向きもある。

てなことで、サブプライムローン問題なんか引き起こしたアメリカも確実に大ばか野郎。
更に言えば、日本は自国のみの被害にとどめたが、アメリカは全世界に被害をもたらした。
とりあえず、今後のアメリカの財政・金融政策に期待しておこう。
アメリカのみでなく、全世界経済を救える、素晴らしい政策を行ってくれるだろう。
アメリカすら救えるのか分からんけど。

Google、ストリートビューにユーザーによる写真を追加 (ITmedia)
こういう、ユーザーも参加して一緒に作り上げていくサービスってのが、
新しいインターネットって感じがします。
まあ、どっちにしろ問題起きて、批判される運命なんでしょうが・・・
確かに、今までとの変化に戸惑う人も多いのは当然なんですが、
拒絶にも似た批判ばかりせず、新しいことに慣れようとする努力もすべきだとは思うんですけどね。
ネットにしろ、携帯電話にしろ。

まあ、明治の頃は、小説すら低俗だの言われ悪者っぽい感じだったのが、
今では大人が子供に「もっと小説読め」とか言う時代。
価値基準なんて、あっさりと塗り変わるのですよ。
いじょ、KMでした。

雑記 / とらっくばっく(0) / こめんと(2) / ページの一番上へ

まーち / HOME / 治癒担当キャラが少ない・・・


コメント

『』 千裕
小説って悪いイメージだったんですねー
まあ違う意味で悪い小説はありますが(^ω^)
うちはそれが大好きですよ、うふふ

なんか最近男女で下ネタ話すようになりました
女子同士で話してるようなことはムリですけどね

それっていいことなのか悪いことなのか…


2009/03/01(Sun) 15:29:03 | URL | [ Edit.]
『』 KM
個人的なサークルや団体による同人誌が出回った時期でしょうし、
作品の方向性が広がり、中には偏った思想や赤裸々な私小説みたいなのもあったんでしょう。
小説・テレビ・音楽・・・世間に広まってる大概の物は悪者にされたことがあるものだと。
もちろん、悪者にされたまま消えるものってのも、たくさんあったんでしょうが。

友人曰く、
「(他の大学の)女の子と下ネタ話せて、嬉しい。」
とか言ってたんで、男の方としては良いことですよ。
とりあえず、そんな内容の話を(当時の)彼女に話す物じゃないとは思いますが。
2009/03/02(Mon) 00:29:34 | URL | [ Edit.]


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック

ホームへ