KM Log

「ソチもワルよのう・・・」(←きっと、今年の流行語になる!)


記事

--/--/-- / --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / ページの一番上へ

2006/10/19 / 23:28

安全ピンで、指を刺しました。
・・・全然、安全じゃなかとです。

ヒロシって、最近見ませんね。
もうちょっと熊本弁を全国に浸透させて欲しかったです。

てなことで、『14才の母』感想開始。
第二話「お前なんかもう娘じゃない」
弟くんのやっているDSの色が、
9月に発売したジェットブラックで、ゲット早すぎ。

産婦人科へ・・・行って診察せず受付で帰る。
恋人に電話すれど話せず帰宅。
そしてお父さん登場、湯上りパジャマ姿でセクシーです。
娘にビールを注がせようとするお父さん、断られるお父さん。
言って貰えないと、先に一人で言う母親に対し、「美味しそう」と息子と一緒に言う、お父さん。(連発)
もう、ずっとお父さん映してください、お願いします。

母親、妊娠検査薬(万引き品)を発見。
驚きの顔が素敵です。
このドラマ、無言の演技が多いですね・・・シリアスさが漂います。
その分、お父さんがムダに大きい演技してくれるので、バランス取れてます。

学校・・・
転入生(留年だっけ?)の柳沢さんもですが、イマイチやる気の感じられない担任教師も何か過去があるみたい。
(互いの過去を良く知ってるあたり、柳沢さんの事件が担任教師の変化の理由?)
放送部が好きだった人が聞いてた音楽を流していたため、柳沢さんがムリヤリやめさせ、主人公とケンカ。
結構対立してるし意見合わなさそうなので、主人公と柳沢さんは友達になれそうです。(ドラマの基本)
逆に今の友達さん達は離れていきそうですね。

母親と産婦人科へ・・・
それを母のパート先のレストラン常連客の雑誌記者さんがストーキングして発見。
まあ、別に産婦人科=妊娠ってわけじゃないですけどね、婦人科も一緒だったし。
患者の赤ちゃんを見て、母親の娘が赤ちゃんの頃を回想・・・
・・・一般家庭にしては温度計、大きいよ。(見るとこ違う)
そして、主人公の内診シーンは見られず・・・(当たり前)

お父さんへの告白。
認めたくはないが、認めざるおえない、
冷静でいられないのに、冷静でいようとする演技がいいですね。
最終的には、我を忘れてますけど。
「14、5で・・・本気で人を愛せるはずがないだろう!!」
ってのがありましたが、
感情だけでなく、その先の責任も含めて恋愛、って意味でしょうね。
単純に、娘の妊娠を認めたくないだけかもしれませんが。
「ただの錯覚・まやかし・勘違い」
中学生の恋愛じゃなくても、普通に恋愛はこんなもんだと・・・
冷静に恋愛ってのも、恋愛じゃないような・・・

前も書いた通り、主人公達の恋愛の様子がちゃんと描かれていないので、ここらへんは否定する主人公の気持ちに同調できないです。
つーか、あまり桐野くんがいい人そうに見えない・・・どこに惚れたんだ?
いまのところ、親に反抗したいガキが特に恋愛とか考えずに付き合ってる感じです。
主人公も、桐野くんが何となく可哀想な感じを受け、母性本能で付き合ってる感じ。
お互い本当に好きなんだろうけど・・・もうちょっとなんとか上手く作れなかったものか?

雑誌社。
編集長だったんだ、ただの下っ端記者だと思っていたのに。
昔は戦場の子供達みたいなマトモな記事書いていたみたいですね・・・この人にも何かがあったのでしょうか?
それよりも広告の、
『親と子の中学受験 合格する子供は風呂で勉強していた!』
の記事にやたら興味をもってしまった・・・どうやるんだ??

主人公は叔父のところへ、主人公の両親は桐野家へ、
桐野くんは遅れて主人公叔父のところへ。
いい感じで両親と桐野くんが、桐野家間近でニアミス。
さあ、殴りこみの時間だ。
意気込む父親。
桐野ママ登場・・・肝心のところで、おどおどする父親、強硬な母親。
対して、主人公も桐野くんと会い、打ち明けようとしています。

予告では産む方向に進みそうです。
さすがに残りの話を、妊娠初期の終わり(11・12週)までをダラダラとしないでしょう。
一応、妊娠中期(22・23週くらい)までは中絶できますが・・・出産と同様の方法、赤ちゃんは死産扱い、だっけ?
出産するなら3月でしょうから、ドラマの最終回としては良さそうな時期ではあります。

とりあえず桐野くんは父親に土下座して、その頭踏んづけられろっと。

TV・DVD・映画 感想 / とらっくばっく(0) / こめんと(0) / ページの一番上へ

他人の庭にヒマワリ咲いている秋 / HOME / 秋ですね・・・


コメント


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 


トラックバック

ホームへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。